こじらせ女子と呼ばれる女

親友から「こじらせてる」と言われた理由。嫌な女全開で語る

大切にしたい気持ちと別れがチラつく日々〜大切にしたい人を大切にできない自分〜

「こじらせ女子」と呼ばれる女、ねこです 大切にしたい人がいるのに 大切にできない自分。 どうして人は相反する気持ちを持ち合わせているのだろう。 私には同棲している彼氏Pくんがいる 一回りほど歳下のPくんだったが、 過去の彼氏の誰よりも 穏やかな付き…

人の気持ちは移り変わる〜余裕がないと愛情は枯れる〜

「こじらせ女子」と呼ばれる女、ねこです 付き合った当初は、 この人とずっとラブラブな関係を なんて思っていても、 付き合っているうちに関係は変わっていく。 人の気持ちはどうして移り変わってしまうのだろう。 私には同棲している彼氏Pくんがいる 一回…

ジェネレーションギャップは埋まらない〜お金を稼ぐという考え方〜

「こじらせ女子」と呼ばれる女、ねこです 【ジェネレーションギャップ】 世代による文化、価値観、思想などの相違のこと。 私には同棲している彼氏Pくんがいる 一回りほど歳下のPくんと私には ジェネレーションギャップがあって当然のこと。 それを そういう…

彼氏が「YouTuberになる‼︎」と言ったら⁈〜プロローグ〜

「こじらせ女子」と呼ばれる女、ねこです YouTuber(ユーチューバー) 小学生のなりたい職業ランキングNo.1になるほど いまやメジャーな職業として成り立っている。 私には同棲している彼氏Pくんがいる 私より一回りほど歳下の彼氏。 今までの私なら絶対に付き…

恋愛は錯覚。だから正しい道が辛いときもある

「こじらせ女子」と呼ばれるねこです 恋愛は脳の勘違い 脳の錯覚から始まるものなのに どうして人は振り回されてしまうのだろう。 過去の恋愛を遡れば、 私は恋愛を冷静にしていた方だ。 たぶん恋愛脳ではなかったから。 今回も、そもそもの道は踏み外してい…

会わない時間の過ごし方〜待ってて欲しい男と効率的に動きたい女〜

「こじらせ女子」と呼ばれる女、ねこです 彼氏彼女と会わない時間を どうやって過ごしていますか⁇ ほんのちょっとだけ会わない時間を どうやって過ごすか⁈ これにもやっぱり相性があるのだと思う。 私はどうも束縛されやすい。 束縛男に好かれやすいのか⁈ 束…

家族の形はそれぞれだが、、、変な家族と父の涙

「こじらせ女子」と呼ばれる女、ねこです 親の涙を見たことがある人はどれくらいいるのだろう。 世間では 親の涙は見たくない と言う意見が多いらしい。 涙の理由は様々だろうが、 どんな理由にせよ、 子供にとって親の涙は特別な意味を持つと思う。 私の父…

誰かを責める前に、後悔する前に、まずは自分のベストを尽くせ‼︎

「こじらせ女子」と呼ばれる女、ねこです 誰かを責めずにはいられない 生きていれば、そういうときがあるだろう。 でも何故自分ではない誰かを責めてしまうのか? それは自分なりのベストを尽くせていないからだと私は思う。 私の父は現在、 生死がチラつき…

鵜呑みから始まる運命の分かれ道

「こじらせ女子」と呼ばれる女、ねこです 人生にはたくさんの分かれ道がある。 日々その分かれ道を人は選択し、進んでいく。 選択した道が正解かどうかはわからない。 わからないながらに人は分かれ道を進み、 良くも悪くも、 これが運命だった と思える日が…

細かい男⁈配慮のある男⁈価値観の違い〜車の助手席〜

「こじらせ女子」と呼ばれる女、ねこです 細かい人と配慮のある人 その言葉からのイメージは真逆のように感じられるが、 この差は一体どこにあるのだろうか⁈ 私としてはココにあまり大差を感じない。 このイメージを分ける要因は、 環境と受け取る側の価値観…

束縛する人vsされる人〜仕事で異性と食事はNG⁈〜

「こじらせ女子」と呼ばれる女、ねこです 「束縛」 ●縛ること。 ●行動を制限して自由を奪うこと。●嫉妬や独占欲から恋人に制限を加えて心や行動を縛ること。 私は今までの付き合いの中で、 彼氏から束縛をされなかったことがない。 束縛具合は個人差もあるが…

神様のお告げ⁈何事も捉え方次第⁈〜前兆を見逃したら負〜

「こじらせ女子」と呼ばれる女、ねこです 物事には必ず前兆がある。 この前兆を神様のお告げだ‼︎ と信じるか信じないかは本人次第。 頑張ることは悪いことではない。 頑張ってこそ、プラスが生まれることが多い。 ただ、頑張りすぎると、 そのプラスはマイナ…

婚活の目的は何⁈〜婚活がうまくいかない理由〜

「こじらせ女子」と呼ばれる女、ねこです 恋愛から結婚へ。 そして家族へ移り変わる。 どれもが幸せの積み重ねで、理想的な結婚への道。 だが、その道を歩まない人もいる。 まさに歩んでいないのは私だ 現在30代未婚女 結婚するタイミングは何度かあった。 …

リード×コミュニケーション〜自分本位との違い〜

「こじらせ女子」と呼ばれる女、ねこです リードしたい、リードされたいは性別差ではない。 しかしまだまだ 「男性がリードする側」 というイメージは大きい。 「今日のデートは何する?」 「ご飯は何食べたい?」 「あっちとこっちどっちにする?」 「この…

会話を止める男と攻略法を探す女〜傾聴の「はい」〜

「こじらせ女子」と呼ばれる女、ねこです 話し上手=コミュニケーション能力が高い人 ではない。 コミュニケーションの秘訣は傾聴力にある などという言葉を聞いたことはないだろうか。 「傾聴力」とは相手の話に耳を傾け、 相手の話を熱心に聞くスキルのこ…

良くも悪くも何もないって、いいの?悪いの?本当はどっち⁈

「こじらせ女子」と呼ばれる女、ねこです 「良くも悪くも何もない」 この言葉の捉え方は場面によって大きく左右するような気がする。 細々と続けている婚Aさんとの婚活。 1回目のデートから2回目のデートまで 今までの私に比べれば頑張った方。 www.kojisase…

女だってお金を出すときは意外と考えている

「こじらせ女子」と呼ばれる女、ねこです デートでお財布を出さない女は最低 せめて払うフリぐらいはして欲しい 払う気のない「いくらでした?」はいらない 絶対割り勘派 デートのお会計時に思う、男性の心の声の数々。 私はというと、 会計時に女が財布を出…

カメレオン女の力が発揮できないこと〜結婚とブログ〜

「こじらせ女子」と呼ばれる女、ねこです 【カメレオン】 体の色を変化させる擬態 全景を見渡せる大きな目 多大な忍耐強さetc... 多彩な生物学的武器を持っている生き物。 体の色が変化する目的は様々。 背景と擬似させるために変化したときは 一見、見つけ…

妊活したい男vs妊活したくない女〜「妊活をすれば子供が授かる」ではない〜

「こじらせ女子」と呼ばれる女、ねこです 大人になれば好きな人と結婚して、 子供ができて、家族と素敵な家庭を作る。 10代の頃はこの道を当たり前のように自分が歩むと思っていた。 しかし、現在の私は30代未婚 自分が結婚するだろうと思っていた年齢は 結…

結婚への最善の道⁈〜子供ができれば諦められる〜

「こじらせ女子」と呼ばれる女、ねこです 結婚したい男と結婚したい女。 結婚したい者同士が出会えば、 とんとん拍子でうまく進みそうな気がするが、 結婚までの道のりは意外と長い。 それは私がこじらせているからか 元カレ、ジャイアンは一回りほど歳上だ…

歳の差カップルでは歳上の方が不満が多い⁈

「こじらせ女子」と呼ばれる女、ねこです 最近、歳の差カップルは珍しくなくなってきた。 歳の差カップルは、 「歳上だから」「歳下だから」 とお互いに一定の距離感を保ち、 踏みこみ過ぎないという良い面がある。 しかし、 「歳上なのに」「歳下なのに」 …

同棲したい男と同棲したくない女〜同棲と結婚〜

「こじらせ女子」と呼ばれる女、ねこです 同棲は結婚への近道なのか? それとも別れ道なのか? 同棲のメリットは2人という時間。 同棲のデメリットは1人で過ごしたい時間。 同棲にメリットばかりを求めてはいけない。 元カレジャイアンは一回り歳上。 落ち着…

父の願いと娘のエゴ〜生き方の選択肢〜

「こじらせ女子」と呼ばれる女、ねこです 【エゴ】 自我、自尊心、うぬぼれなどの意味を持つ言葉。 自分のことを中心的に考えるような利己的な様子。 私の父は数年前から介護付きのホームに入っていた ホームに入ると決めたのは父の意思。 今までのように普…

会えない時間は愛を育てない〜俺と仕事どっちが大事?〜

「こじらせ女子」と呼ばれる女、ねこです 「会えない時間が愛を育てる」 恋愛においてよく聞く言葉。 お互い忙しくて会う時間がない、 つい先日なら 新型コロナウイルスの影響で 時間があっても会えなかったカップルが たくさんいるだろう。 その会えない時…

元カノと一緒は嫌⁈〜どうでもいいことを気にする口先だけの男⁈〜

「こじらせ女子」と呼ばれる女、ねこです 聞いてもいないのに、 気にしてもいないのに、 わざわざ元カノの話を持ち出す男。 男性と女性とでは 過去の恋愛に対する考え方は大きく異なる。 私の今の彼氏は一回りほど歳下のPくん その前の彼氏は一回りほど歳上…

子供の恋愛から大人の恋愛へ〜これは惚気⁈いや、違う〜

「こじらせ女子」と呼ばれる女、ねこです 年齢と共に恋愛の仕方は変わってくる。 いろんな経験を経て、行動や価値観が変わる。 大人の恋愛は若い頃の恋愛とは違い、 穏やかで落ち着いた愛情深いものだと私は思っていた。 6年付き合った彼氏と結婚直前で別れ…

お決まりのパターン〜付き合うパターンって決まってない?〜

「こじらせ女子」と呼ばれる女、ねこです 人にはお決まりのパターンというものがある。 生活パターンや人付き合いのパターン そして 恋愛にも自分のパターンというものがあることも。 30代独身の私には歳の離れた歳下彼氏Pくんがいる Pくんとの今に至るまで…

結婚を目の前にすると許せなくなり、目に見えないと執着してしまう

「こじらせ女子」と呼ばれる女、ねこです 幼い頃は結婚して子供を産んで素敵な家族になる♪ こんな未来が当たり前のようにくると思っていた。 しかしこの当たり前から脱線し、 当たり前でなくなる現実を私は自ら歩んでいる 私は今、歳下彼氏Pくんと同棲してい…

恋愛感情の「好き」ってなに?人として「好き」とどう違う?

「こじらせ女子」と呼ばれる女、ねこです 「好き」と一言で言っても、 人として「好き」 家族愛の「好き」 恋愛感情的な「好き」 など、いろいろある。 恋愛感情の「好き」と人としての「好き」 ここにはどんな違いがあるのだろうか? 恋愛としての「好き」…

難があれば納得、素敵だと疑いを持つ婚活市場

「こじらせ女子」と呼ばれる女、ねこです 婚活市場は一般的な恋愛とは違う。 一般的な恋愛なら、 自分の理想に近い人と出会ったとき、 ラッキー運命だ✨ などと素直に思えるだろうことが、 婚活市場で起こったとき、 一般的な恋愛の感覚とは少し違う場合もあ…