こじらせ女子と呼ばれる女

親友から「こじらせてる」と言われた理由。嫌な女全開で語る

狂気的な彼の行動〜別れたいのに別れられない〜

 

「こじらせ女子」と呼ばれる女、ねこです🐾

 

想像もしていないことが起こった時、

人は意外と驚かない。

想像もしていないことが起こった時、

人は意外と気づかない。

想像もしていないことが起こった時、

人は意外と冷静に考えれるのかもしれない。

 

www.kojisaseneko.work

 前回はこちら💁‍♀️⬆️⬆️⬆️

彼に隠し持っていた2台目の携帯を

家に忘れたと気づいたが、

私は取りに帰ることを諦めた。

家にはまだ彼がいた。

不安を覚えながらも予定を済まし、

彼がサブ携帯を見つけていないことを祈って

ダッシュで家に向かった。

今でも鮮明に覚えている。

 

時刻は夕方。薄暗くなりかけた時間。

電気をつけなくても生活はできるが、

普通家にいれば電気をつけるくらいの薄暗さだった。

本来であれば彼は仕事で家にいない時間。

それでもやましい気持ちが不安を募らせ、

 

もし彼が家にいたらどうしよう

 

そんな不安でいっぱいだった。

家への帰り道、部屋が外から見えたが、

電気はついていなかった。

 

よかった、、家には彼はいない。

朝から私の携帯を探してる暇はないか!

心配して損した。

よかったよかった!

 

そう思って私は家に入った🏠

リビングの扉を開けると🚪

薄暗い部屋の中、

彼が背中を向けて寝ていた。

 

え?なんで家にいるの⁈

仕事は⁇こんな時間に終わらないよね?

まさか休んだの⁇

え?二度寝して寝坊したの⁇

 

寝ている彼を見て、

さっきまでの不安を忘れた私は、

彼にそんな声をかけた。

彼は無反応。

 

(爆睡してるのか?)

 

そう思った私は

彼を揺さぶりながら声をかける。

 

ちょっと!!なんで寝てるの⁈

仕事は⁈行ってないの⁈

 

彼は振り向くことなく、

無言のまま

私の手をおもいっきり振り払った。

そんな彼の態度に私はイラッとした。

 

その態度はなんなの⁈

私は朝から頑張ってきたのに!!

Nくんは仕事も行かずに何してるのよ!!

こんな薄暗い部屋でだらしない!!

 

そう言いながら部屋の電気をつけた。

彼は無反応。振り向くこともない。

腹の立った私はテーブルの前に座り、

テーブルの上のリモコンを取り、

テレビをつけた。

それでも彼は無反応。

 

私は彼を起こすことは諦め、

テーブルに肘をつき、

イライラしながらテレビを見ていた📺

それでも彼は無反応。

 

そうして数分が経った頃、

私はなんとなく違和感を感じた。

なんとも言えない違和感。

さっきまでイライラしていた気持ちが

急に不安に変わる。

そして不安になりながら

自分の肘をついているテーブルに恐る恐る目を向けた。

 

 

そのテーブルには包丁が直角に刺さっていた。