こじらせ女子と呼ばれる女

親友から「こじらせてる」と言われた理由。嫌な女全開で語る

思いを伝える大切さと伝わらないこと

 

「こじらせ女子」と呼ばれる女、ねこです🐾

 

先日からはてなブログでこぼしていた親友への気持ち⬇︎⬇︎⬇︎

www.kojisaseneko.work

 親友のブログに

私の過去と現在のこじらせている恋愛を

結婚出来ない女として

おもしろおかしく書かれていたことを知った時、

私はショックだった。

実際の話なのだが、それを大切に思っていた親友の言葉だと思うと悲しかった😿

親友を失ったような気持ちになり、

私はくよくよと泣いていたが、

そうしているうちに私は気づいた。

この悲しい気持ちは親友のブログのせいではなく、

自分のダメなところに向き合っていないせいだと。

 

いつもの私なら、

この気持ちを直接相手に伝えることはない。

親友とうまくやっていくために

今後彼女のブログを見ることを辞め、

何も言わずに自分の中で消化されるのを待つ。

そしていつもの関係に戻る。

そんなサイクルを送っていただろう。

 

しかし今回は違った。

親友のブログに書いてあった

 

はっきり言わない友達(私)が悪い

 

その言葉が私を変えた。

 

今回はこの気持ちを親友に伝えてみよう!

 

そう思った。

そして私は親友へ連絡した📱

 

彼女のブログを見たこと

そして悲しい気持ちになったこと

彼女の表現がかなりショックだったこと

ブログとして広まることの戸惑い

でもその中で気づくことがあったこと

変わってみようと思ったこと

これからも変わらず大切な親友だと思っていること

 

長々と彼女に伝えた。

彼女の反応は想像通りのものだった。

 

無断で私のことを書いたことや

傷つけてしまったのならごめんと🙏

悪気はなかったし陰口ぢゃないし!

今の彼氏のことも応援して書いてるから見てみて♪

 

さすが私の親友。

私がくよくよとしていたことを、

あっさりと悪気なく返してきた🙄

私の親友はこういう子だ笑

そう思うと気持ちがスッキリした🌈

 

彼女に悪気がないことはわかっていた。

それでも私はあの時、

勝手な私の価値観で悲しい気持ちになってくよくよしていた。

いつものように直接彼女に言わなかったら、

このくよくよ時間はもう少し長く続いていただろう。

彼女に気持ちを伝えてたことで、

同じ状況でも悲しい気持ちはなくなった。

 

はっきり言わない友達(私)が悪い

 

彼女の言葉のおかげで、

嫌なことでも伝える大切さを

少し学んだ気がする😌

 

そしてその夜、

いつものようにご飯を作っていると、

彼が仕事から帰ってきた🏠

 

🐥「あー!ねこちゃん(私)ご飯作ってくれてる😱

風邪引いてるのに大丈夫なの⁇

熱はないの⁇鼻水は⁇しんどくない⁇」

 

えっ🙄🙄🙄

www.kojisaseneko.work

 あーそうだった。

何度説明しても、

彼は私が風邪を引いていると思っているんだった笑

伝わらないことがここにあった笑