こじらせ女子と呼ばれる女

親友から「こじらせてる」と言われた理由。嫌な女全開で語る

お母さんに彼女を会わせたくない男心がゆえの行動⁈

 

「こじらせ女子」と呼ばれる女、ねこです🐾

 

今日はバレンタインデー✨

バレンタインデーは女の子に告白する勇気を

後押ししてくれる。

普段なら告白できない女の子も

この日だけは勇気を出して思いを伝えてみようと

思わせてくれる。

 

私もそのバレンタインデーの後押しのおかげで

人生で1度だけ告白をしたことがある。

それはまだ青春真っ只中の学生の頃の話。

私の恋の相手は同じクラスに転校生してきたKくん🚹

彼にはちょっと変わったところがあった。

それは言葉では説明しづらい変な行動😐

私がバレンタインデーにした

一世一代の真面目な告白のときも

彼の変なところが発揮されていた💧⬇︎⬇︎⬇︎ 

www.kojisaseneko.work

 真面目にしているのか?

笑わせようとしているのか?

よくわからなかったが💧

こんなよくわからない行動もまた、

彼の良さでもあり、普段からクラスを和ませていた🏫

 

告白の結果、私たちは付き合い始めることになった💕

私たちの付き合いといえば、

学校ではクラスメイト。

付き合ったと言っても、

特に変わるようなことはなかった。

 

学生の頃の付き合いといえば、

下校時にカップルで帰るのが主流だったが、

彼の家は学校から徒歩1分の距離(ーー;)

一緒に帰るというほどの距離でもない(ーー;)

それでも私たちはこの激近な距離を一緒に帰り、

近所の公園で話したりして放課後デートを楽しんだ⛲️

(公園ももちろん学校から激近笑)

 

家に帰って塾が終われば電話をしたり📱

休みの日は映画に行ったり、

友達も交えてWデートをしたり、

極々普通の学生カップルとして楽しい時間を過ごした。

 

付き合ってみるとごくごく普通のカップルだったのか?

いや、理解できない彼特有の行動はあった🙄

 

ある日の休日のデートで、私は彼の家に誘われた🏠

学校から激近の彼の家はよく見ていたが、

彼の部屋に入ったことはなかった。

初めてのおうちデート❤️

 

なぜ今日の話題で

このアイキャッチ画像なのか⁉️

それはこのまま読み進めてみてください💧

 

私はお気に入りのワンピースを着て👗

お気に入りのヒールを履いて👠

とびっきりのお洒落をした😆

休日なのでご家族も家にいるかもしれない。

手土産も持って彼の家に向かった🏠

ワクワクドキドキ💓

 

彼の家に着き、インターホンを押す。

 

ピンポーン

 

すると彼が出てきた。

が、様子がおかしい🙄

 

🚹ねこちゃん今ちょっとね、、、

 

そう彼が話し始めると、

家の中からお母さんの声がした。

 

「彼女来たのー😆?」

 

🚹もういいからー💢‼️

 

そう言って彼は急いで家に入って行った🙄

家の前で1人取り残される私🙄

私はどうすればいいの🙄

そのまま私は家の前で待っていると

彼が再び出てきた。

 

🚹今日お母さんに彼女が来るって言ったら

会いたいって聞かなくて張り切ってるんだよね💧

邪魔くさいからいつもの公園で待っててくれない?

お母さん説得するから💧

 

🐱え🙄うん、わかった。

 

🚹ごめんね🙏

 

私は言われた通り、

彼の家の近くの公園で待つことにした⛲️

別に私はお母さんに会ってもいいけど?

と思ったが、

彼はどうも嫌らしい。

確かにお母さんの声からは

私の到着を楽しみにしてくれているようだったが、

歳頃の男の子としては嫌だったのだろう。

私は公園で1人、彼からの連絡を待った。

 

しばらくして彼から連絡がきた✉️

 

🚹30分後にもう一回家のインターホン押して

 

え🙄30分も待つの🙄

どんだけ説得に時間がかかるんだよ🙄

と思いつつも、私は30分公園で待っていた。

この頃は文句も言わない忠実な彼女だった笑

私は30分ぴったり待ち、

再び彼の家のインターホンを鳴らした。

 

ピンポーン

 

すると彼が出てきた。

が、やはり様子はおかしい💧

 

🚹もおーねこちゃん早いよー💧

まだお母さん諦めてないんだよね💧

ちょっと家の裏に回ってくれる?

 

え🙄家の裏🙄?

なぜに家の裏🙄?

 

そう思いつつも、

私は言われた通り彼の家の裏に回った🏠

しばらくすると彼も家の中から家の裏に現れた。

 

🚹ここから入ってきて‼️

 

え🙄ここから🙄

 

 

 

彼の家の裏はこんな感じ⬇︎

f:id:kojiraseneko:20200213222112j:image

コンクリートの上に鉄の柵。

その上には槍。

私たちはこの柵越しに話していた🙄

 

え🙄ここからって扉はないですよね🙄

 

🐱どうやって入るの🙄?

 

🚹ここ登って!

 

🐱え🙄無理ぢゃない🙄?

 

🚹登れるよ!俺もここから入るときあるもん!

 

🐱え🙄私は無理ぢゃない🙄?

てか、ママ大丈夫なの🙄?

こんな風に入るのって、、、

 

🚹いいから!大丈夫大丈夫!

もう今日は玄関からは無理だから!

俺も手伝うから早く入って!

 

🐱えー🤨

 

私の気は全く進まなかったが、

彼に急かされ、私は登り始めた😑

高いコンクリートに足をかけ🦶

柵を登る。

気を抜けば槍に刺さる😱

必死の思いで家の裏の柵を乗り越え、

私は彼の待つ家の内側にたどり着いた💧

(良い子は真似したらダメですよ🙅‍♀️)

 

🚹ここから入って!

 

彼に連れられて入った扉は勝手口🚪

靴を脱ぎ👠その靴を彼が持ち、

彼の家にお邪魔します、、、

すると

 

ワンワンワンワン🐕

 

告白のときに彼が抱いていた大きな犬が

吠えながらやってきた💧

 

🚹こらっ静かにして‼️

 

🐕ワンワンワンワン

 

🚹こら‼️

 

すると家の奥からお母さんの声が💧

 

「もーそんなに吠えてどうしたのー⁇」

 

こっちにやってくるようだった😱

彼女として初めてのご対面がこれは絶対嫌だ😱😱😱

 

私は彼が持っていた靴を奪い👠

唖然としている彼を無視して、

今入ってきた勝手口から外へ出て、

柵に向かった💨

柵を登っているときにお母さんの声がした。

 

「急に吠えちゃってどうしたの?

Kくんあなた何かしたの?」

 

🚹いや、何もしてないよ💧

 

いやいや、してたぢゃないか😑

側から見れば私はただの泥棒だ😑

そりゃ愛犬も

勝手口から見知らぬ怪しい女が入ってきたら

吠えるだろう💧

泥棒を撃退した立派な番犬🐕

 

私は今度は必死に1人で柵を乗り越え、

家の裏側の道へ戻った😑

 

いつもの公園に戻り、私は考えていた。

ここまでして彼の家に行く意味があるのか。

決して私から行きたいと言ったわけではないのに。

彼が誘ってくれたから来ただけなのに。

お気に入りの服も靴も髪型も意味がない。

ご両親への手土産も振り回され、

もう渡せる状況ぢゃない😑

さすがの私も彼のこの行動には呆れていた💧

 

しばらくして彼から連絡がきた。

 

🚹もう少ししたらインターホン押してくれる?

 

私は返事をした。

 

🐱もうやめよう。

いつもの公園で待ってる。

 

私の様子に気づいたのか?

彼は公園にやってきた。

私たちはいつものように公園で少し話し、

その日は別れた。

 

私たちはこれで別れたわけではない。

しばらくして彼が転校し、私たちは自然消滅した。

しかし一体彼は何をしたかったのか😑

お母さんに彼女を会わせたくない男心は

私には全くわからなかった😑