こじらせ女子と呼ばれる女

親友から「こじらせてる」と言われた理由。嫌な女全開で語る

成人式で新たな恋の予感〜友達から気になる人へ〜

 

「こじらせ女子」と呼ばれる女、ねこです🐾

 

友達から彼氏彼女へ

なんとも思っていなかった2人が

何かのタイミングで恋に発展する、、、

 

成人式は大切な節目。

それはしっかり心得つつ、、、

振り袖に身を包むことや、

久しぶりに地元の友人と会えることも楽しみだった。

 

成人式に着て行く「振り袖選び」から楽しかった⤴︎

前撮りもした📷

成人式前日からヘアセットに行き、

当日も早朝から着付けとヘアセット。

人生においてビッグイベント✨

楽しみで仕方がなかった(((o(*゚▽゚*)o)))

 

が、当日着付けやセットの時間が大きく押し、

なんと私は成人式の式典には間に合わなかった🙄

なんとゆー運のなさ(⌒-⌒; )

 

しかし、成人式会場で地元の友人たちと

記念撮影を楽しみ📷

結果、楽しい成人式を送った(((o(*゚▽゚*)o)))

これが私の成人式。

 

成人式では思いもよらぬ新たな始まりもある。

始まりとなる男子は

スラッとした長身のイケメンの男友達🚹

学生時代、トップクラスに入るほど賢く、

スポーツもできた。

天は二物を与えないというが、

天は彼に三物を与えていた笑

ただ、そんなモテそうな彼は

彼女ができたことがなかった。

 

その理由は男子とはワイワイ仲良くするのだが、

女子にはかなり冷たいタイプ。

思春期によくありがちな、女子が苦手な男子。

学生時代、彼はモテてはいたが、

告白されても付き合うことはなく、

女子を近づけない男だった。

 

そんな彼が唯一普通に話していた女子は

おそらく私だけ。

それは私たちがいい感じだったからではなく、

私のことを女子扱いしていなかっただけなのか😑

仲良しと険悪の紙一重の関係、

相談や喧嘩ができる仲だった。

そんな私から見た彼は、かなり面倒な性格。

「こりゃ彼女はできないわ」

と納得できる気難しい男友達だった。

 

そんな彼とも成人式で久しぶりに再会した。

相変わらず成人式でも

彼は女子を寄せ付けていなかった。

私は彼を見つけ、

相変わらずその彼のグループに1人入り、

記念撮影をしたくらいで、

特に彼とは何もなく成人式は終わった。

 

普通ならこのまま何も始まらないのだが、

成人式後、彼からメールが来るようになった。

最初は昔話や近況報告など、

内容は特別なことではなかった。

そのうち、彼から電話が来るようになった📱

毎日、たわいのない深夜の長電話をするうちに、

なんとなく私は彼が気になるようになっていた。

 

ある日の電話のとき、彼が言った。

 

「学生時のとき、俺はねこのこと気にならなかったし、

ねこも俺のこと気になってなかったけど、

今なぜかちょっと気になる」

 

思わぬ彼の言葉にびっくりしたが、私も答えた。

 

「私も同じかも」

 

特に何かあったわけではない。

ただ久しぶりに成人式で会っただけ。

それが新たな恋の始まりになる予感がした。

どんなことが新たな恋の始まりになるかはわからない。

だがどんなことでも

新たな恋の始まりになることもある。

 

今週のお題「二十歳」