こじらせ女子と呼ばれる女

親友から「こじらせてる」と言われた理由。嫌な女全開で語る

神様のお告げと思い込む女〜2020年もこじらせ続ける〜

 

「こじらせ女子」と呼ばれる女、ねこです🐾

あけましておめでとうございます⛩

2020年初ブログはお正月にまつわるエピソードを🎍

 

こじらせてきた女は

神様に運命を託すクセがある⛩

このクセは

「新しい年を迎える」

ということに大いなる意味を見いだそうとする💥

これは新しい年に並々ならぬ思いを寄せていた

過去の私の話💁‍♀️

 

当時イベント大好き女だった私にとっては

カウントダウンもまた一大イベントだった🎉

クリスマスが終わった途端に

カウントダウンをどう過ごすか⁉️

そこに頭がシフトする笑

彼氏がいるときは

カウントダウンを彼氏と一緒に過ごすのがお決まり💁‍♀️

相変わらず面倒な女笑

 

彼氏がいないときは友達とカウントダウンを過ごす。

友達とはカウントダウンパーティーを🎉

ワイワイ騒ぎながら年を越す🍸

そんな彼氏がいないときに

私の「神様に運命を託すクセ」が発動される🔛

 

そのクセとはこちら💁‍♀️

カウントダウンを終え、

新しい年を迎えると、

友達からの「あけおめ」連絡が続々と届く📱

ただの挨拶の連絡なのだが、

変なクセの持ち主は

その「あけおめ」連絡を1番にくれた男子が

「私の今年大切にするべき人」

なのではないかと考えるのだ笑

 

普通に考えればただの「あけおめ」連絡📱

されど私にとっては

神様からのお告げの「あけおめ」連絡📱笑

 

心の中では本当は1番に送ってきて欲しい男子がいて、

その男子から1番初めに「あけおめ」連絡が来てくれ‼️

そう願っている🙏笑

そう思っている時点で私の気持ちは決まっている笑

そう願っている男子のことが気になっているのだ。

しかし私はその気持ちを神様に託す🙏笑

その男子から1番初めに「あけおめ」連絡がくれば

「神様がこの人だと言っている‼️」

とお告げに変わるのだ笑

 

結果、

こんな何の根拠もない私の神様のお告げへの願いは

今のところ外したことはない笑

 

神様のお告げであって欲しい男子からは

1番に「あけおめ」連絡が届き、

「やっぱり神様は彼が運命の人だと言ってるんだ♪」

そう思ってその後はすんなり付き合う運びとなるのだ笑

 

神様はそんなしょうもないお告げをするほど

暇ではないだろう笑

今考えれば

面白いことを考えていたのだなあと思うのだが、

クセは案外なくならないものだ(⌒-⌒; )

 

今、私には彼氏がいるが、

2020年へのカウントダウンは

一緒には過ごさなかった。

これは今まで彼氏がいるときには

なかったことだ(・Д・)

理由は年末年始の休暇で彼が実家へ帰省したから✈️

なんと普通の理由笑

なのだが、

「カウントダウンは一緒に過ごすもの」

そう思い込んでいた私には衝撃的🙄

その事実を知ったとき、

私はなにげに彼にこう言った📣

 

🐱ぢゃあ2019年一緒に過ごせるのもあと少しだね

 

すると彼からはこう返ってきた。

 

🐶そうだね。でもただ年が変わるだけだよ笑

いつも帰省してるのと変わらないでしょ?

もーねこちゃんの考えはイベント女なんだから笑

 

その言葉を聞いて私は妙に笑いがこみ上げてきた笑

普通に考えれば確かにそうだ笑

遠方の実家ならみんなそんなものだ。

2019年の最後の過ごし方がどうだとか、

そんなことはいちいち考えないのだろう(⌒-⌒; )

イベント大好き女を卒業したと思っていたが、

やはり私はまだ完全に卒業しきれていないようだ笑

 

そして私たちは2019年→2020年の年越しを

別々に過ごした🎍

 

そして私のクセは気づかぬうちにまだ続いていた。

2020年1月1日0時になったとき、

彼氏からの「あけおめ」連絡がこない🙄

あれ?もう年越したのに🙄

ついそんな考えが頭をよぎったのだ(^◇^;)

LINEの通知音が鳴るたびに確認してみるが、

彼ではない。

今年は神様のお告げを意識しているつもりはなかったが

やっぱり気になるようだ笑

そして新しい年を迎えて30分ほど経った頃、

彼から「あけおめ」連絡がきた📱

男子からは今年初✉️

なんとなくほっとしたε-(´∀`*)ホッ

そして思う。

 

「あけおめ」連絡はただの「あけおめ」連絡📱

神様からのお告げではない。

わかっていても、

長年続けてきたクセはなかなか消えないのだ笑

こじらせ女子は年始早々からスタートしたのだった笑

 

こんな私ですが、今年もよろしくお願いします🤲✨