こじらせ女子と呼ばれる女

親友から「こじらせてる」と言われた理由。嫌な女全開で語る

ストーカーとの時間〜新たな関係のはじまり〜

 

「こじらせ女子」と呼ばれる女、ねこです🐾

 

 

www.kojisaseneko.work

元カレからストーカーへ。

執着心強めのストーカーから気軽なストーカーへ。

一時は私の元から去ってくれた

カレストーカーNくん🐶

と安心したのも束の間、

いつの間にか沖縄から帰ってきていた🙄

そして今度はストーキングではなく、

私の行きつけのバーにサプライズ登場🙄

なんとそこで働き出した(°_°)

 

その頃の私はおバカな娘(⌒-⌒; )

周りには経営者や大手企業のJrなど

お金持ちが取り巻いていた。

そのおかげで、そこで生きていた私もVIP扱い。

カレストーカーと同じバーにいるとはいえ、

新人の元カレストーカーは一般フロア

私たち仲間はVIPフロア

エントランスで顔は合わせることはあっても、

絡む時間は少ない。

そう思っていたのに、、、

カレストーカーは意外と仕事が出来たようだ💧

 

働いているうちにみるみる昇格を遂げ、

VIPへ出入り出来るようになった💧

とは言ってもVIP担当にはなかなかなれない。

たまに出入り出来るだけ。

 

私としては楽しい空間にストーカー化した元カレがいる。

それだけでも気分はあまり良くなかった。

それに加え、

不意にVIPフロアを出入りする元カレストーカー、、、

もちろん、出入りした時はこちらを見ている(ーー;)

目が合った時の私のゾクっと感には気付かず、

にっこり微笑んでくる元カレストーカー😑

 

そこには男友達と集まることも多々あった。

みんなでワイワイしていると、

男友達がこう言った。

 

「あの店員、すごいねこちゃんのこと見てない?」

 

もう振り向かなくても想像はつく。

その店員は絶対Nくんだ😱

でも、そう言われて振り向かないワケにもいかない😑

 

「えーどこどこ?」

 

気付かないフリをして振り返ると、

一般フロアとVIPフロアの間から

こちらを見ているストーカーを発見、、、

f:id:kojiraseneko:20191219234335j:image

⬆︎これはうちの愛犬だが笑

まさにこんな感じで遠くの影から

こちらを見つめていた🌀

目が合うと、ニコッと笑って去る、、、

やっぱり気持ちは良くなかった。

 

バーではスタッフとお客の関係。

そして、家に帰ると決まって連絡が来た✉️

 

「ちゃんと帰れたかー?

楽しそうで良かった^ ^」

 

カレストーカーはどんな気持ちで

あの空間を見ていたのだろうか、、

なぜこんな軽い連絡を送れるのか、、

知りたくもないが、そんな関係が続いていた。

 

私は元カレストーカーと同棲していた家を

出て行った後、

新居で一人暮らしをしていた🏠

その一軒目の新居をどういうわけか、

カレストーカーは場所を突き止めてきたのだが🌀

その後、私はバーの近くへ引っ越していた。

 

まさか元カレストーカーがそのバーで働くことがあるなんて思っていなかったからだ。

そして予想していたことが起こった🙄

ある日家に帰ると扉にコンビニの袋がかかっていた🛍

中身は私の好きなお菓子🍭

 

🐱Nくんだ、、、

また新居の場所がバレた、、、

 

カレストーカーが働いているバーから近いその家など

探すのは簡単だっただろう😑

カレストーカーと別れて2軒目の新居も

あっけなくバレた😑

 

さらに突き止めてきたのは、私の勤務先。

私の勤務先はもちろん、Nくんには伝えていなかった。

しかしある日突然、勤務先にNくんが現れた😱

さすがNくんだ💧笑

新居を探し出すのだから、

勤務先を探すのにも苦労はしなかっただろう。

働いているところへ突然現れた。

 

🐶近くまできたから♪

 

いやいや、、、

近くまで来ても、

職場に顔出すような関係ではもうないでしょ😑

沖縄から帰ってきてから、

その悪びれのない気軽なストーカーへと変身するには

一体なにがあったのか(⌒-⌒; )

 

私は相変わらず元カレストーカーからの連絡は

スルー気味。

そして相変わらず週末には、

仲間たちと元カレストーカーの働いてるバーへ

繰り出していた。

「元カレストーカーが

本当に嫌だったら行かなければいいのに」

そう思われるかもしれないが、

私は仲間たちとそこで遊ぶことを辞めなかった。

そのせいでストーカーと過ごす時間が長くなったのは

自業自得だったのだろう🙄

こうやって私たちの別々のハズの時間が

またもや関わりを持ちはじめたのだった💧