こじらせ女子と呼ばれる女

親友から「こじらせてる」と言われた理由。嫌な女全開で語る

恋人は好きなタイプ?〜こじらせ女子の細かいこだわり〜

 

「こじらせ女子」と呼ばれる女、ねこです🐾

 

人には「好きなタイプ」というものがある。

外見だったり、性格だったり、

人によってはこの職業の人が合うとか、

この血液型の人がいいとか、

根拠のないことであっても、

自分の「好きなタイプ」というのは

自然とできてくる。

 

「似たような人ばかりと付き合ってる」とか、

友達に

「好きそうなタイプだよねー」とか

そう言われるのは意識していなくても

自然と好きなタイプを選んでいるからだろう。

 

私も友達に

「好きそうなタイプ」

と言われる男性像がある🚹

それは

バリバリ仕事をしてそうな大人な男性。

頭がキレる要領のいい人。

 

結果、決して第一印象で

「優しそうな人だね」とは言われない男性だ(⌒-⌒; )

 

私は彼女のことを1番に考えてくれるような

優しくておっとりとした男性とは

大人になってから付き合ってこなかった。

 

私の「好きなタイプ」は決まっていた。

正直、外見にはほとんど興味がない。

生理的に無理🙅‍♀️とならなければ🙆‍♀️

そこは大して気にならない🙅‍♀️

性格も優しい男性が好きとか、

こういうことをしてくれる人がいいとか、

そういうところはあまり気にしていない。

私が気になるのは友達が言うように、

仕事への姿勢と要領の良さだった。

これだけ聞けば、条件は少ない方だろう。

しかしこの2つしかない「好きなタイプ」が

結構細かいようだ(⌒-⌒; )

 

比べるものではないが、基本、

私く仕事

であって欲しい。

向上心があって、仕事をバリバリしている人が好きだ。

「ねこちゃんと約束してたから

急な仕事を断って帰ってきたよー♪」

と帰ってきてくれる優しい男性より、

「急な仕事で遅くなったけど、

こんな仕事決めて来た!」

と後々報告を聞く方が好きなのだ。

 

デートをするときもそうだ。

「今日はとりあえず〇〇へ行ってぷらぷらしよう」

というよりは、

「私はこれがしたい!」

「俺はこれがしたい!」

「ぢゃあ今日は先に〇〇をしてから、⚫️⚫️をしよう」

とテキパキとする方が好きだ。

 

そんな私が初デートのときに見てしまうクセがある。

それは支払いのときだ👛

キャッシュレスになってきたので今は判断しづらいが、

現金のときの支払う順番だ。

 

「お会計は14300円です」

例えば店員さんにそう言われたとき、

あなたならどの順番で支払いますか?

おそらくその支払いに意識している人は少ないだろう🙄

しかし私はそこを見ている👁

 

私の正解はこうだ。

まずは300円を探す👛

小銭がないのか、300円なのか、500円なのかを

まず見る。

そして次に1万4千円を出すのか、

1万5千円を出すのか、2万円を出すのか、、、

 

おそらくこの話自体に何の意味があるのか?

と思っている人も多いかもしれないが💧

 

よくあるのは、

まず1万4千円を出し、小銭の300円を探す👛

そして小銭がないのを確認し、

追加で千円を出して1万5千円円でお会計をする。

または追加の千円もなく、

2万円に出し直すという場合もある💴

 

これが何の問題なの🙄?

そう思われてる方もいるだろう。

しかし、私にとっては

この支払い方の人とは合わないのだ。

おそらく私はそういうところはせっかちなのだろう💧

札を出して、小銭を見て、札に戻る

このたった5秒も変わらない行動が

無駄な時間だと感じてしまうのだ💧

要領よく小銭から確認すれば、

その手間が省けるのに、、、と思ってしまう💧

 

さすがの私も支払いの順番が合わないから

好きにならないというわけではない🙅‍♀️

だが、この支払い方をする人は、

違う場面でも同じようなことが起こると

私は経験上思っている。

この支払う順番の5秒が気になるのだから、

違う場面でも同じようなことが何度も起こると

私にとっては無駄な時間が多いと

感じてしまい、うまくいかない💧

 

たった2つの「好きなタイプ」が、

かなりの細かいこだわりを発揮している(⌒-⌒; )

こんな私だったから今も独身なのだろう🙄

ブログを書きながらつくづく思う💧笑

 

そんな私の今の彼は、

この2つの「好きなタイプ」を

どちらも満たしていない笑

自分の休みはなにも言わなくとも

私の休みに全て合わせてくれている。

休みは特にしたいことがなければのんびり起き、

起きてからその日なにをするかを決める。

特にやりたいことがなくてもぷらっと街に出る。

支払いものんびりしている。

歳もかなりの歳下で、

大人の男性ではなく、可愛い子犬のようだ。

そんな彼は

 

「おっとりとした優しい青年」

 

私が今まで付き合ってこなかった人だ。

そんな彼にせっかちな私は

イライラすることもあるが💧

そんなせっかちな私を気にすることなく、

穏やかな優しい彼の性格が私を癒してくれている。

 

「好きなタイプ」はある。

だが、いっそのことその「好きなタイプ」から

大きく離れると、

もしかしたらうまくいくのかもしれない。