こじらせ女子と呼ばれる女

親友から「こじらせてる」と言われた理由。嫌な女全開で語る

占いを信じる女〜元カレと寄りを戻したい〜

 

「こじらせ女子」と呼ばれる女、ねこです🐾

 

Q.あなたは占いを信じる方ですか?

もし、占い師さんにアドバイスをもらったとき

そのアドバイスをあなたはどこまで実行しますか?

 

初夢占いのブログを書いていて、

ふと思い出した占いのエピソードがある。

 

私と親友は2人とも恋愛がうまくいってない時期があった。

大好きだった彼氏と別れ、

モヤモヤしている時期だった💔

20代の頃は恋バナばかりしていた私たち。

2人で会っては元カレとの話を語り合う🍸

そんなとき、親友から

「ねこちゃん‼️

昔私が行ったことのある

よく当たる占い師さんのところに行こう🔮‼️」

そう誘われた。

元々私も占いは好きな方。

2人でその占い師さんのところを訪ねた。

 

占いの館的な占い師さんが何人か集まっている場所に

その占い師さんはいた🔯

「この人‼️この人‼️」

その中から親友は過去に占ってもらったことがあると

1人の占い師さんを指名した。

占いは2人で一緒に入った。

 

🧙‍♀️どんなことを占って欲しいですか?

🚺別れた彼氏との今後を占って欲しいです

🧙‍♀️その彼氏とはどうして別れたの?

🚺友達関係から彼氏になったけど、

結局また友達に戻ろうと言われて別れました。

🧙‍♀️あなたはその彼と寄りを戻したいの?

🚺寄りを戻したいです。

 

親友は詳細をありのままを話した。

 

🧙‍♀️それは辛かったですね。

ぢゃあ今は友達として付き合ってるの?

🚺また元の友達のように遊んでます。

 

こんな感じで占い師さんが質問し、

親友は

付き合う経緯、

付き合っていた2人の様子、

別れたあとの今の関係を

事細かく話した。

占い師さんは親友が話したいことを

最後まで聞いてくれていた。

そして占い師さんはこう言った。

 

🧙‍♀️別れた原因はあなたのわがままにある。

彼はあなたのことが嫌いになったわけではない。

でも友達だった頃の居心地の良さが

付き合ってからはなくなったみたい。

付き合ってからあなたは自分自分って

わがままを言っていたんぢゃない?

友達関係として今続いているから、

今は寄りを戻したいと言わずに

時を待ちましょう。

人同士の相性としてはいいので

寄りを戻すタイミングをはかりましょう。

🚺やっぱりそうなんですね‼️

私もわがまま言いすぎたかなって思う節はあるんです‼️

 

こんな感じで話は続いた。

親友の話が終わり、

次は私の占いも同じように始まった。

付き合う経緯、

付き合っていた2人の様子、

別れたあとの今の関係を

私も事細かく話した。

一通り話を聞いたあと、占い師さんはこう言った。

 

🧙‍♀️あなたと彼がまた付き合うかどうかはあなた次第。

毎日別れてからも連絡をしてくるのは

彼もあなたを忘れていないということ。

でも2人ともプライドが高くて

寄りを戻したいって言えないのね。

ただ寄りを戻したいた言っても

簡単にそうしようとはならないから、

このまま連絡は取りながら、

彼から寄りを戻したいと言ってくるように

適度な距離を保ちましょう。

🐱そうですよね‼️

寄りを戻そうってどちらから言っても

今はうまくいかない気がします。

 

今思えば、占いというより

ただの恋愛相談を聞いてもらっただけ。

その話を聞けば誰だって

そう思うだろうという答えだった笑

しかしそのときの私たちは

よく当たる占い師さんに

自分が思っていたことを当てられた‼️

と感じていたのだろう笑

 

そして占い師さんは私たちにこうアドバイスした。

🧙‍♀️あなたたちには月のパワーが必要です。

願いが叶うおまじないがあります。

毎晩大きな手鏡に水性ペンで

彼との相合傘を書きましょう。

そしてその鏡に月の光を取り込んで

あなたたちの願いを3回心で唱えましょう。

そして月に向かって3回お辞儀をして下さい。

それを毎日していれば月のパワーが

彼の元に届いてあなたたちのことを

思い出すタイミングが増えて、

寄りを戻すタイミングがきます。

このおまじないは白い服を着てすると

月のパワーをたくさん取り込めます🌙

🚺🐱そうなんですね‼️

ありがとうございます😊

 

こうして占いは終わった🔮

このおまじないのアドバイスを聞いたとき、

あなたならどうしますか?笑

今の私たちなら、子供騙しのようなこのおまじないを

実行することはないだろう。

そしてこのアドバイスを聞いて、

この占い師さんはよく当たる‼️とも思わないだろう笑

 

しかし私たちが若かったせいか?

私たちなりに悩んでいたのもあってか?

私たちはその占いの帰り道に

大きな手鏡を買い、水性ペンを買った🖋笑

そしてその夜から占い師さんに言われた通り、

白いTシャツを着て、

その大きな手鏡に元カレとの相合傘を書き、

月の光を取り込み、

願い事を3回唱え、

月に向かってお辞儀をするようになった笑

このおまじないをしている私たちは

なんとも滑稽な姿だっただろう笑

 

時が経ち、私たちには新しい彼氏が出来た。

おまじないを続けた私たちは

元カレと寄りを戻すことはなかった笑