こじらせ女子と呼ばれる女

親友から「こじらせてる」と言われた理由。嫌な女全開で語る

サンタクロース〜心に響くクリスマス〜

 

「こじらせ女子」と呼ばれる女、ねこです🐾

 

メリークリスマス🎄✨

サンタさんを信じていたのは

いつのころまでだっただろう。

サンタさんを信じていたころは、

クリスマスが近づくと

サンタさんにお願いごとをしていた🤶

 

サンタさんが実はパパだった🎅

そう知ってからは、

クリスマスが近づくと

パパにクリスマスプレゼントとして

欲しいものをお願いしていた🎁

 

大人になってからは、

クリスマスが近づくと

お願いする相手が彼氏にチェンジ。

ブランドもののプレゼントをもらうのが定番となった👜

 

恋人がサンタクロース

本当はサンタクロース♪

プレゼントを抱えて♪

 

その通りとなっていた。

 

今年は今の彼氏Pくんと過ごす初めてのクリスマス🎄

クリスマスに興味のない彼は

「ねこちゃんがしたいように過ごそう♪」

そう言って、イルミネーションやクリスマスイベントに付き合ってくれていた。

 

今の私の環境は昔とは違う。

今年はクリスマスプレゼントを

頼むことはなかった。

私がプレゼントを貰う貰わないは関係なく、

私はPくんにクリスマスプレゼントを渡したい

と思っていた🎁

でも今年はそれも辞めた。

今、節約生活を頑張っている彼に、

一方的にクリスマスプレゼントを渡す🎁

それは

「彼のプライドを傷つけたり、

彼にプレッシャーを与えるかもしれない」

そう思ったからだ。

 

「プレゼントやディナーにこだわらず、

ただ2人のクリスマスを過ごす🎄」

 

それが今年の私のクリスマステーマだった🤶

 

クリスマスイヴの昨日は予定通り、

仕事の後、Pくんとイルミネーションへ出かけた✨

寒い中、文句も言わずに

クリスマスイヴのイベントとして楽しんでくれた☺️

その後はクリスマスディナーには行かず、

家で2人ゆっくりしていた。

 

そんな中、私の携帯はひっきりなしに鳴っていた📱

それは友人たちとのグループLINE✉️

LINEを開けると、

クリスマスの話題でみんなが盛り上がっていた🎉

 

◯◯ちゃんはクリスマスプレゼントに◯◯をもらった♪

◯◯ちゃんはこんなクリスマスを送っている✨

 

そんな報告を私は静かに見ていた📱

すると、友人から

「ねこちゃんはクリスマスプレゼント何もらったの?」

私は一瞬返答に困った。

私たちのクリスマスにプレゼントはない。

ただ一緒に過ごしている🎄

今のこの状況を友人たちに伝えて理解されるだろうか?

そうは思ったが、見栄を張る意味はない。

今のありのままの私たちのクリスマスを報告した📱

その後もグループLINEは盛り上がっていたが、

私は静観していた。

 

すると、Pくんが

 

🐥好きかどうかわからないけど、

買ってきたものがあるんだ♪

 

そう言って持って来てくれたのは、ケーキの箱🍰

 

🐥ねこちゃん、何が食べれるかわからなかったから

俺なりに食べれそうなものを

選んで買ってきたつもりなんだけど、

どう、、、😳⁇

 

私は甘いものが苦手だ🙅‍♀️

女子が好きそうなケーキやスイーツなどは

コースに出てくるとき以外は食べない。

だから私のクリスマスには

「ケーキを食べる」というプランはなかった笑

それを見越してクリスマスケーキを買ってきた彼🐥

箱を開けると、たくさんのケーキが入っていた🍰

私が食べられるケーキを決めきれなかったのだろう。

その彼の優しさに感謝しながら、

私はケーキを食べる準備をした🍰☕️

 

ケーキの箱を冷蔵庫に直そうと思うと、

 

🐥気付いてー‼️‼️‼️

🐱(。´・ω・)ん?

🐥これこれ👇‼️‼️‼️

 

Pくんの指さした先はケーキの箱の中🎂

 

🐱ん🙄⁇⁇⁇

 

よくよく見ると、箱の中に封筒らしきものが🙄

 

🐱これ?

🐥うんうん。

 

その封筒を取り出すと、

 

「ねこちゃんへ

  メリークリスマス♪

       Pサンタより」

 

🐱ん🙄⁇なんだ🙄⁇

開けていいの⁇

🐥うんうん。

 

封筒を開けると、

中身は私が行きたいと行っていた

旅行のチケットが入っていた🎟

 

🐱え、、、これって、、、

🐥行きたい行きたいって言ってて

ずっと行けてなかったからプレゼント🎁♪

 

カップルであれば

旅行のプレゼントは一般的かもしれない。

私も過去の彼氏たちの旅行では

連れて行ってもらうのが当たり前だと思っていた✈️

でも今は違う。

 

毎日Pくんが節約生活をしていたのを知っていた。

最近彼は外食も控えていた。

今月は休みも取らずに

いつも以上に働いていた彼を見ていた。

生活のために頑張っている

そう思っていたのだが、

それは私へのクリスマスプレゼントのため🎁

そのチケットを見てすぐにわかった。

 

あんなに頑張って働いていたのは

このプレゼントのためだったのか、、、

そう思うと自然と涙が出てきたノω・、)

そんな私を見て、

 

🐥ねこちゃんが泣いたら俺も泣いちゃうノω・、)

 

と何故か彼もウルウルとしていた笑

 

高級なブランド物をもらっている人からすれば、

このプレゼントの価値は低いのかもしれない。

過去の私なら、

今のようには喜べなかっただろう。

 

彼には決して余裕はない。

クリスマスにも興味はない。

それでも用意してくれたこのチケットは

彼が無理をしてでも

プレゼントしようと思ってくれたもの🎁

プレゼントは金額ではない。

贈ってくれた人の気持ちが伝わることが

何よりも嬉しい。

今の私にとっては

30万のバッグや100万の時計なんかよりも

よっぽど価値のある、

心に心に響くクリスマスプレゼントとなった😌

 

封筒に書いていた通り、

私の元へサンタさんはきてくれた🎅

 

メリークリスマス🎄🎅

素敵なクリスマスになりますように✨